胃腸の調子が悪い時って予期不安や不安感、うつ症状がいつもより激しく出たりしませんか?

 

と思い、少しインターネットで調べてみたら、やっぱり脳と腸にはお互いに密接な関係があるそうなんです。実際に腸は「第二の脳」と言われるほど脳と綿密に情報のやりとりをしているそうです。

脳の調子が悪くなれば腸の調子も悪くなるし、腸の調子が悪くなれば脳の調子も悪くなるし。逆にどちらかの調子が良くなればどちらかの調子も良くなるようです。



スポンサーリンク




胃薬出身の抗うつ薬 『ドグマチール』

ところで私は「ドグマチール」という薬を処方してもらったことがあります。このドグマチールという薬はもともとは胃潰瘍のために開発された薬でしたが、「どうやらうつ病にも効果があるみたいだ」ということで精神科でも処方されるようになった薬です。

このドグマチールはどのような機構でうつ病に効果があるのか本当のところははっきりしていないようです。実際に私はこの薬を飲んでみてお腹が楽になって、頭のモヤモヤがスーッと軽くなり気持ちが安定する感じがしました。胃腸の血流が良くなることで胃腸がリラックスし、脳にもその情報が伝わり脳の調子(血流など)も良くなるんじゃないかと思っています。

胃薬のテプレノンに抗うつ効果

ところで2017年6月1日の毎日新聞の記事では「テプレノン」という胃薬がうつ病のような症状に効果があるというマウスを使った岡山理科大学理学部の実験結果を載せています。人間での治験はこれからということですが、テプレノンは副作用が少ない安全性の高い薬だとのことで、2,3年以内には実用化を目指したいそうです。(というかすでに胃薬としてエーザイのセルベールなんて商品で使われてます)

簡単に記事の内容を噛み砕くと、テプレノンは胃薬ですが熱ショックタンパク質(HSP)というものを作られやすくしてくれるんだそうです。そしてさらにこの熱ショックタンパク質(HSP)神経栄養因子(BDNF)を作りやすくしてくれるそうです。最終的にこの神経栄養因子(BDNF)が神経の成長や再生を促して抗うつ効果を現すそうです。

テプレノンもまたドグマチールの時と同じように、「胃薬として開発された薬がどうやらうつ病にも効果があるみたいだ」という展開になっていきそうです。ですが今回のテプレノンの実験結果では作用機構も明確で、従来の抗うつ薬とは違ったアプローチの薬となるかもしれません。

ちなみにテプレノンはドグマチールのように胃粘膜を増やしてくれたり血流を良くしてくれます。私は上のドグマチールのところでもお話したように、胃腸の粘膜や血流が良くなることで何らかの情報が脳に伝わり、気持ちを安定させてくれる効果もあるのではないかと思います。

脳腸相関を意識した生活を!

ってなわけで、別に脳腸相関についての情報を得る前から私は脳と腸には何か関係があるということを経験的に感じていました。あ、そうそう、以前にも書きましたが、アルコールを飲んだときも胃腸に負担がかかって頭が気持ち悪くなるんでしたね。(二日酔いのそれとはまた違う気持ち悪さ)また、暴飲暴食をしたときも胃腸に負担がかかると頭が気持ち悪くなりますね。

 

関連記事

 

日頃から私が胃腸のケアとして行っている2つの習慣をご紹介します。

  1. ミルピスを飲む
  2. 特製ヨーグルトを食べる



スポンサーリンク


1.ミルピスを飲む

ミルピスって私が作った造語です。早い話が『カルピスの牛乳(ミルク)割り』です。これ、美味しいのでぜひ試してみてください。

カルピスには乳酸菌によって作られた乳酸などの有用成分が含まれているので腸内環境を整えてくれます。腸が元気になれば脳も元気になる。脳腸相関からそんなことが期待されます。腸内環境が安定されれば自律神経を通じて脳へ良い作用が働き、不安感の解消や心の安定が得られることが検証データから証明されています。

 

カルピス「脳腸相関」関連記事

 

2.特製ヨーグルトを食べる

ヨーグルトがお腹に良いのはみなさんご存知だと思います。でもヨーグルトって味に変化がないし単調な味なのであんまりたくさん食べられないですよね。かと言って味付きのフルーツヨーグルトはお値段的に高いし…。

そこで私が考えたのが特製ヨーグルトです。特製ヨーグルトは普通の安いプレーンヨーグルトを買ってきて、オリゴ糖ブルーベリージャムを入れてよく混ぜるだけです。ジャムであれば別にブルーベリーじゃなくてお好きなものでいいと思いますが、私はブルーベリージャムがおすすめです。

オリゴ糖は善玉菌の餌となる物質なのでヨーグルトと一緒に摂取すると非常に効率的に腸内環境を整えられますよ。※砂糖は悪玉菌を増やすのでオリゴ糖がおすすめ!

この特製ヨーグルト、とっても美味しいし自分の好きな量を作って食べることが出来るので無理なくしっかりヨーグルトを摂取することができるのでおすすめです。

 

私は以上の2つの食べ物を習慣的に食べるようになってからとてもお腹の調子が良くなりました。(毎日決まった時間にしっかり出るようになりました、アレが^^)同時に頭の調子も好調なまま維持しています。そういえば最近、あんまり不安感を感じないな~。

ぜひみなさんも脳腸相関を意識して、胃腸に良い生活を心がけてみましょう!

 

スポンサーリンク

お薦め!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┗ 不安神経症
お薦め!

 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┣ 不安神経症
 ┗ 自律神経失調症