ヤフー知恵袋だとか他のメンタルヘルス系のサイトやブログを覗かせてもらうと、けっこう「薬を飲まないようにしている」という意見を目にしたことがあります。すっっごい辛いのに飲まないように頑張ってます、とか。

患者さん本人がどこまで頑張れるのかわからないけれど、私は素直に薬を飲んだほうがいいんじゃないかなと思います。

中には過去に薬を飲んで副作用とか離脱症状で逆に辛い目に遭われた方もいるようですが、でもやっぱり辛い時は飲まないと大変じゃないですか?次回はもう少しマイルドな薬にしてみるとか工夫してみるとか。薬は一種類だけではないですし、自分でいろいろ検索してみて先生に提案してみるのもありかもしれません。



スポンサーリンク




それから何やら日本の精神医学界では他国に比べ患者に多量の薬を飲ませているだとか、患者を薬漬けにしているとかいうのも目にしますね。そういう情報を目にすると確かに薬を飲むことへの拒否反応が出ますよね。でもそれでも私は辛い時には無理をしないで飲んだ方がいいと思うんです。

なんでこんなこと言うかというと、私の場合は初めて症状が出た当初、薬を飲まなければ発狂してしまいそうだったからです。たいていの人は初めて精神科にかかり、精神薬を処方され飲むことに抵抗を感じるものだと思います。でも当時の私はそんなことを考えている暇はありませんでした。もう選択肢がありませんでした。

 

飲まなきゃどうにかなっちゃう!

 

ほんとにそう思っていました。

病院でもらった薬を飲むしかありませんでした。ですから、こんなことを言うとホントにお気に触る方がいらっしゃるかもしれないけれど、「飲む・飲まないの選択」をできるということはまだギリギリ大丈夫なんじゃないかと思うんです。ホントにやばくなったらもう選択肢はないですから・・・。

 

で、一時期やっぱり私も薬を飲み続けることに引け目というか、本当は飲まないほうがいいのにな、というように思い続ける日々がありました。でもそう考えていると余計な心配が増えてしまい、精神的にもいい影響はなく、逆に薬が効かないような感じがしていました。薬を飲むことの罪悪感でかえってスッキリしないというか具合が悪くなるのです。



スポンサーリンク


あるとき、先生にも相談しました。

先生はあっさり、「一生飲んでも大丈夫な薬ですから。あまり気にしなくても大丈夫ですよ。」と言ってくれて、「なんだ別に重大なことでもないじゃん」と思えるようになってかられからフッと気持ちが軽くなり、薬を飲むたびに感じていた罪悪感もなくなり、そうすることでなんだか気分も晴れてきて、知らず知らずのうちに逆に薬の量が減っていました。

 

 

そんな体験もあるので、最近は(ここ数日の記事でも書いているように)体調のすぐれない毎日が続いているけれど、薬はしっかり飲むようにしています。また調子がよくなったらゆっくりと減らしていけばいいというのがわかっているので。

減薬をするときは、薬を飲むことへの罪悪感を感じずに焦らずにゆっくり減らすことが大切だと思います。なんなら調子がよくなるまでいつまででも飲み続けるよ~くらいな気持ちで。そうすると知らないうちに飲まなくても大丈夫な自分に気づきます。“いつのまにか”っていうのがけっこう重要ですよね。

もしも薬を飲むことに罪悪感を感じている方がいるなら、ひとまず気にせず飲み続けてみたらどうでしょうか。止められなくなるかもしれないとか怖いかもしれないけれど、焦らずに先生と相談しながらゆっくり断薬を進めていけば、“いつのまにか” 薬を必要としなくなるようになります。

で、また調子が悪くなったら飲めばいいんですよ。

とにかくあまり肩ひじ張らずに、そのときそのときの自分に合わせて焦らずに薬と付き合っていけばいいんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

お薦め!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┗ 不安神経症
お薦め!

 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┣ 不安神経症
 ┗ 自律神経失調症