ちょっとしたことなんですけどね、私が「あ~なんかちょっと調子悪いな、嫌な感じがするな」と感じた時に唱える呪文があります。

 

それは、『しなくてもいい。』 です。

 

何が?何をしなくてもいいの?と思われるかもしれませんが、そこはあまり深く考えずにこの言葉を唱えるんです。

「しなくていい。しなくていい。しなくていい。」

すると胸が軽くなってくるんです。

 

 

うつ症状、不安神経症、パニック障害の経験者の私は、病気についていろいろと調べているうちに、私を含めこれらの病気に苦しむ人たちに共通する性格の特徴がわかってきました。

  • 几帳面で完璧主義で頑張り屋さん
  • 理想が高く自意識過剰(プライドが高い)
  • 怖がり屋さん(他人の心の中が気になる)
  • 繊細で敏感(仕事や病気で悪いところがないかいちいち探してしまう)
  • 自己批判、自己嫌悪が多くなかなか頭から離れない
  • それでいて頑固(自分の意見は正しい、曲げない)

なんでもうまくやろうとして、理想も高く、一生懸命やるけど実は臆病で怖がりで繊細で敏感。そのくせ頑固で自分の意見をなかなか曲げられない。曲げたとしても心の中ではとても不満に思ってしまい実は認めていない。

この性格の特徴は「~しなくちゃいけない」という思考の塊のようなもの。常に頭の中では無意識・意識的に関係なく「~しなくちゃいけない」と考えています。

そんな、カチコチに凝り固まった思考に対して「そんなに頑張らなくていいんだよ。意地にならなくていいんだよ。自分は十分頑張ってるよ。大丈夫だよ。」というメッセージを潜在意識に送ってあげる言葉が「しなくていい。」なんです。と、私は思っています。

 

私の場合は「しなくていい。」という言葉がとても効果があります。何度か唱えていると胸のつっかえや不安感、胃の不快感がスーーーッ…と落ちていく感じがします。

もしかしたら人によってこの言葉は違うのかもしれません。ぜひいろんな言葉を試してみて、自分だけの魔法の言葉を探してみるのもいいかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

お薦め!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┗ 不安神経症
お薦め!

 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┣ 不安神経症
 ┗ 自律神経失調症