2016年5月、私は意気込んで再就職を決意したものの、新しい就職先で一気に体調を崩し、見事に崩れ去るという経験をしました。

 

関連記事

 

あれから約一年弱、妻の協力もあり、私は短時間のパートを続けながら体調の回復を待ちました。一度はズタボロになった精神も少しずつ回復し、最近やっと前向きにもう一度チャレンジしてみようというところまでやってきました。

 



スポンサーリンク




前回の就職で体調を崩し、見事に崩れ去った時は本当に辛かった。

短時間のパートを始めるまでの2ヶ月ほどはほとんど家にひきこもり。妻がフルタイムの仕事をしてくれたおかげで主夫として家のことをやっていたけれど、男である私はそれはそれで自尊心が傷つきまくり、自己嫌悪の毎日でした。

みんなが働いているのに私は家でぼーっとしている。たまにスーパーに買い物に行けば周りはおじいちゃんおばあちゃん、またはお母さんたちばかり。私のような働き盛りの男は店員さんくらいではないか。真昼間にふらふらと買い物をしている自分が嫌で嫌でしょうがなかった…。

 

それもいつの間にか慣れていきました。それは主夫という仕事が胸を張ってもいいくらい大変だとわかったからです。

パートと主夫をこなしながら毎日を過ごしていくうちに、少しずつまた体調が戻ってきました。半年も過ぎる頃には求人サイトを眺めている自分に気が付きました。

 

「もしかしたら、また働くことができるかもしれない。」

 

そう思えるようになっていました。

 



スポンサーリンク


そして最近ついに再就職の内定をいただきました。そして2017年3月から正社員としてまた働くことになりました。前回の就職の失敗を教訓に、今回はあまり気負いせず、自分のできることを淡々とこなしていこうと思っています。新しい職場もそのような環境のある場所を探しました。

 

私が思うに、鬱や不安神経症、パニック障害の方って真面目な方が多くありませんか?ありがたいことに、こんなブログでもたまに読者の方からメールをいただくことがあります。みなさんとても文章がご丁寧で、真面目な方が多いような印象を受けます。などと言う私も実はメールなどを書くときはやたら時間をかけて丁寧に書いちゃうタチです(^^)

真面目が悪いだなんて全く思いません。ただ、私がそうであるように真面目さゆえに要らぬ苦労をしてしまいがちなんですよね。仕事をしていても「誰が読んでもわかりやすいようにもっとしっかりまとめよう」とか「仕事を一生懸命早く覚えて迷惑をかけないようにしよう」とか「もう少し工夫できることはないだろうか」というようにとにかく一生懸命なんですよ。だから鬱や不安神経症、パニック障害の方には優秀な方が多い!(自分でいうな 笑)

私が過去に出会ったパニック障害または鬱症状のある方々も仕事熱心で優秀な方が多かったです。

 

今度こそは自分の気持ちをうまくコントロールして、気楽に構えてやっていこうと思っています。どうせ気楽に構えたって自分は根っからの真面目ですから、そこそこ仕事はうまくやっちゃうはずです。いい意味で“適当”なくらいがちょうどいいと思います。

 

鬱や不安神経症、パニック障害で仕事に就くことができずに思い悩んでいる方はたくさんいると思います。ですが焦らず自分を信じてできることをするといいと思います。それが半年だろうが1年だろうが3年だろうが、淡々と毎日を過ごしているうちに『よし、もう一度!』と思える日がくるはずです。

今後、私が実際に就職して仕事を始めればやっぱりたくさんのストレスに苛まれることでしょう。働き始めた私がどうなっていくのか、このブログで実況中継していきたいと思っています。

何度もズタボロになっている私ですが、もう一度リスタートしてみたいと思います。それでは再起動ボタンを押させていただきます。

 

ポチッ

 

スポンサーリンク

お薦め!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┗ 不安神経症
お薦め!

 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┣ 不安神経症
 ┗ 自律神経失調症