すでに2ヵ月近く無職をしています。

というか主夫をしています。

 

関連記事

 

家事にも慣れてきましたが、まだまだです。料理は作るのが大変だけど、家族が美味しいと言って食べてくれるので本当に嬉しいです。これは主婦(夫)の醍醐味ですね。

ですから、自分は働きに出ていて、ご自宅に奥さん(旦那さん)がいて料理を作ってもらっているみなさん、帰ってご飯を食べたら「美味しかったよ」とかなんでもいいので一声かけてあげましょう。本当に嬉しいものですよ。

こういうことがわかっただけでも、私はもしかしたら今の状況になって逆によかったんじゃないかと思っています。そうでなければ、妻が今まで悪戦苦闘して家事をこなしてくれていたことにここまで感謝することができなかったと思います。実感としてその大変さがわかったことは私の人生にとってとてもよかったと思います。



スポンサーリンク




さて、実は2週間ほど前に病院に行くまで、ときどき胸のつかえが酷く、ひどい時は飴玉を飲み込んでしまった時のような違和感が胸にあり、息をするのも苦しい時もありました。それから頭も重く、常に疲れている感じでした。不安神経症の典型的な症状ですよね。

そのうち良くなるかなと思い、気分転換に公園や海に出掛けたり、笑えるようなバラエティ番組を見たり、夢中になれるドラマを見てみたり、体操をしてみたり、いろいろしましたがダメでした。

これは先生に相談した方がよさそうだ、ということで2週間前に病院に行ったときになかなか胸の苦しさが取れないことを先生に伝えました。そして先生と相談し、今回は漢方の 『半夏厚朴湯』 をプラスしてみることにしました。

 

 

実はこれ、パニック障害の症状が出始めた頃に一度試したんですが、効き目が感じられませんでした。ですが、今回はかなり時間も経っているし、胸の苦しさが特に目立つということでもう一度試してみることにしました。

 

結果として、今回は半夏厚朴湯が私には効果てきめんだったようです。

漢方の場合は、効き目が出るまでに時間がかかると聞きました。人によってはすぐに効く人もいるようですが、私は飲み始めて3,4日でハッキリと効果がわかってきました。胸のつかえと苦しさが消えていきました。こうして文章を書いている今でも、ほとんどまったくと言っていいほど気にならないほどになりました。

この調子でいければなと思っています。ただ、注意をしなければならないのが、治ったと思って薬を飲まなくなってしまうこと。私の経験上、これをやってしまうと必ず反動が来ます。ですから、今は “治っていそう” であるけれど、続けて飲み続けています。次回病院に行ったときに先生としっかり話して、薬の量を調整していこうと思っています。



スポンサーリンク


今回の私のように、以前は効果が感じられなかった薬でも、時間がたち、体調も変化し、症状も変化してきている(意外と自分ではわからないけれど)ようだったらまた試してみるのもいいかもしれません。

私はなんとなく “漢方は気休め程度” というイメージがあったんですが、今の私には本当によく効いています。漢方である半夏厚朴湯は副作用もほとんどないですし、西洋の向精神薬だけでなく、漢方も積極的に取り入れてみるのもいいと思います。不安神経症の症状で苦しんでいて、試したことがない方は一度先生と相談してみてはいかがでしょうか。そんなの効きっこない!と決めつけずに、先生と相談して試してみることが大切だと思います。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

お薦め!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┗ 不安神経症
お薦め!

 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┣ 不安神経症
 ┗ 自律神経失調症