初めて精神科に行き、デプロメール、ドグマチール、レキソタンを処方されました。

当時はとにかく頭の中が気持ち悪くて仕方ありませんでした。あの頭の違和感と気持ち悪さ、病気になった人じゃないとわからない辛さですね。普通の頭痛とは違う、内側からやってくる苦痛。できることなら頭蓋骨を外して、脳みそを取り出して、水道水でジャバジャバ洗ってしまいたい、そんな感じでした。
とりあえず処方された薬を数週間飲み続けてみました。すると、その気持ち悪さも少しずつ和らいでいくのがわかりました。

私が飲んでいたデプロメールという薬は脳内のセロトニンの量を高める効果があるそうですが、効き始めるまで時間がかかるそうです。効果が出始めるまで数週間かかることもあるそうです。とにかく飲み続けなくてはいけません。効果が出ないうちにやめてしまうと意味がありません。



スポンサーリンク


とにかく私の場合は、何らかの理由によって脳内のセロトニンの量が少なくなっていたのだと思います。デプロメールを飲んでいるうちに少しずつよくなっているようでした。効き方としては、“気付くといつの間にか前よりよくなってるな”という感じでした。

でもデプロメールの効果だけで100%よくなったわけでありませんでした。それでも「常に気持ち悪い」ということはなくなり、時々気持ち悪い時があるという程度になりました。この時々襲ってくる気持ち悪さもなかなか強烈で、耐えがたいものでした。今となって思うのは、この気持ち悪さはセロトニン不足とはまた別の理由によるものだったと思っています。

セロトニン不足に関してはデプロメールという薬が効いてくれたと思います。ただ、もう1つの気持ち悪さに関して私はその後たくさんの薬を試してみることになりました。そして自分に合った薬に落ち着きました。

同時に気持ち悪さを軽減させる対処法もいろいろと試しました。

次回はその「時々気持ち悪くなる」のはなぜなのか、どんな対処法があるのかを書いてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

お薦め!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┗ 不安神経症
お薦め!

 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┣ 不安神経症
 ┗ 自律神経失調症