現在、九州熊本大分の方々が大変な思いをしていらっしゃいます。

被災地の皆様が一日も早く普段の生活に戻れるようになることを祈るばかりです。我が家はまったく違う地域であるため、どうすることもできません。せめて家族で募金をさせていただきました。どうかしっかりと活用していただけますように…。

テレビでは連日のように震災、そして被災者の生活について報道があり、ネットを見るとテレビでは放送できないような生々しい被災状況が書かれていたりします。ときにはなぜそんなものを載せるのか、書くのかという内容だってあると思います。

私は以前の経験から、できるだけこのような悲惨な情報には触れないようにしています。もちろん震災の情報はちゃんと受け取ってはいますが過剰に受け取らないようにしているのです。

 

 

以前にも書きましたが、東北の震災の時、私はありとあらゆる情報に対して何のフィルターも通さず見てしまい、いつの間にか精神的にやられ鬱状態となってしまい大変な思いをしました。だから今回の熊本の震災ではある程度自分なりのフィルターを通して情報を受け取るようにしているのです。

 

関連記事

 

“感受性が高い” というのはいいことです。ですが、ときにはそれがデメリットになりうることがあります。

私は小さな頃、父親に山や海、いろいろな地域に連れて行ってもらいたくさんの経験をさせてもらったおかげで、自分で言うのもなんですがとても感受性豊かに育ったと思います。大人になり、上で書いたような震災での経験を通して、感受性が強いということは良いことにも悪いことにも感じやすくなるのだということがわかりました。感受性が強いからこそしっかりと自分のフィルターを通して情報に触れなければいけないのだということに気づかされました。

 

パニック障害などの不安神経症の方は感受性の高い方が多いのではないかと思います。悲惨な映像や情報に触れすぎると私のように症状が悪化してしまう可能性があります。こんなときだからこそ、被災者の方も大変なのは十分わかりますが、自分自身を守るため、必要最小限の情報を得ることを心掛けて、自分の体調も管理したいものだと思います。

被災地の方々に対して私ができることは何か、そしてそんな私が気をつけなければいけないことは何か、考えなければいけません。

 

スポンサーリンク

お薦め!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┗ 不安神経症
お薦め!

 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┣ 不安神経症
 ┗ 自律神経失調症