前回、頭の気持ち悪さが背中、肩、首の筋肉の凝りによる血流の悪さが原因かもしれないということを書きました。

 

前回の記事



スポンサーリンク




私がなぜそれに気付いたかというと、会社でのおばちゃんたちとの会話がきっかけでした。

 

「○○の整体いいらしいよ。」

「あそこは腕がよくて予約しても1ヶ月待ちなんだって。」

「先生に何も言わなくてもここが悪いでしょってすぐわかっちゃうんだって。」

 

このとき、私は思いました。

「私の場合は頭の病気(精神的なもの)だから整体は関係ないか…。でもそんなに有名な先生なら、もしかしたら私の症状について何かヒントをくれるかもしれない。試しに行ってみようかな。」

 

当時、精神科でもらう薬だけが唯一のよりどころだった私は、なんでもいいから頼ってみたい、そんな気持ちがありました。

そんなわけで、私も思いきってそこの整体に電話をして予約を取ったのでした。やはり予約日は1ヶ月先くらいでした。



スポンサーリンク



 

ようやく予約の日になりました。少しの時間待合室で待ちました。新しくはない、昔からやってるような雰囲気で、どこか落ち着きました。私は、先生がどんなことをしてくれるんだろうと少しワクワクしながら待っていました。

 

いよいよ私の番になりました。

診察室に入ると先生はまず私をベッドに座らせ、背中を診ました。背骨に沿って上から下へ指を数回なぞりました。そして先生は驚くべきことを口にしました。

 

「あんた、自律神経おかしくなってるね。自律神経おかしいと背骨沿いにこうやって汗かくんだよ。ほら、あんた汗出てるよ。」

「それからここ。ほら(背中の筋肉を触りながら)、膨らんでるでしょ。ここが張ってると首の筋肉が引っ張られて頭が気持ち悪いはずだよ。」

 

いきなりズバズバと的確なことを言われて私はびっくりしていました。

「あ~、この人ならなんとかしてくれるかも。」

そう思いながら施術を受けることになりました。

 

つづく…

 

スポンサーリンク

お薦め!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┗ 不安神経症
お薦め!

 ┣ パニック障害
 ┣ うつ状態
 ┣ 不安神経症
 ┗ 自律神経失調症